転移する前に対策を!乳癌の基礎知識

乳癌の正しい知識を身につけて予防しよう

近年増加傾向にある乳癌について知り、その原因や治療法、定期検診のことなどについて詳しく解説します!

増加傾向にある乳がんについて知っておくべきこと

乳癌について

まず、乳癌とは乳房の脂肪ではなく、乳腺から生じるものです。癌が発生する原因は細胞内部の遺伝が何らかの異常を起こし、それが積み重なることで発症します。その異常は、ホルモンが関係していると言われています。乳癌が発生するのは乳腺の先にある乳管が多く、これを乳管癌といいます。

乳癌が発生しやすい場所

乳癌が生じる場所で一番に多いのが、乳房の外側の上の部分です。そして内側の上部、外側の下部という順になります。さらに、乳房の右と左では、左の乳房が特に癌が見つかりやすいという統計があります。

2パターンの乳癌

乳癌には2種類あり、「非浸潤癌」「浸潤癌」とがあります。乳癌のほとんどは乳管から発生しますが、乳癌の腫瘍が硬いため比較的わかりやすいものを「非浸潤癌」、その逆で境目が判断しづらいものを「浸潤癌」といいます。

乳癌は年々増えている!

乳癌は近年での患者数は4万人ほどとなっており、半世紀の間に4倍ほど増加しています。さらに現在の年間死亡者数は1万人ほどとなっており、その数も増えてきています。また、年齢的には50歳以上の方の割合が非常に多いです。

まだまだ検診率は低い

乳癌の治療で効果的といえるのは、いかに早く癌を発見するかにかかってきます。転移を起こしてしまうと治療がさらに困難になります。早期に癌を発見するためには、検診を定期的に行うほかありません。また、自分でセルフチェックをすることもよいでしょう。検診は、年に1回行うのが望ましいです。

乳癌についてさらに詳しくご紹介

乳癌が発生、転移する原因やその治療法、さらに自分でできるチェック方法や定期検診のことまで詳しく解説します。

乳癌についてさらに詳しく

乳癌によって現れる症状

乳癌が発生する原因とは?

現在、高齢出産や食生活の変化などによって乳癌のリスクが高まっているといわれています。乳癌の発生にはホルモンの関係が大きいと言えます。生活スタイルの変化により、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

READ MORE
乳癌の治療法とは

乳癌の治療法とセルフチェック

基本的に乳癌の治療には、外科手術によって乳癌が発生した部位を切除することが必要です。乳癌の種類によっても治療法が異なりますので、よく考慮することが大切です。また、日ごろからセルフチェックをしておくことで早期発見することもできるでしょう。

READ MORE
早期発見の重要さと定期検診

乳癌の定期検診について

定期検診を受ける方法は健康保険に加入しているか、働いていないかなどによって受けられるものが変わってきますので、よく調べましょう。また、乳癌の成長はとても早いために、定期的に検診を行っていくことはとても重要となります。

READ MORE

乳癌とは何か

乳癌が発生しやすい年齢は

乳癌が発生しやすい年齢は、50歳を境に増えている傾向にあります。乳癌の発生にはホルモンが大きく関係していることが多く、エストロゲンと呼ばれるものが重要となるのです。体内のエストロゲンの度合いが高いことや、または体外からホルモンを摂取することにより乳癌のリスクが高まるでしょう。

日頃からセルフチェックを!

乳癌は、触診によって発見できる可能性がある癌です。自分で胸を触ってしこりが無いかチェックしましょう。普段から触って確認していると、異変に気付きやすいです。また、健診を受けるときはそれなりに費用がかかりますが、乳癌になって、さらに転移などしてしまってからでは大変です。ですから、日々チェックを欠かさずに行っておきましょう。

日本における定期検診

日本では、乳癌の定期検診を行っている場所はどこにでもある、ということではないのが現状です。施設が近くになく、遠距離にある場合も珍しくありません。そのため、より多くの人が乳癌の検診を受けやすいような取り組みが必要となっています。

広告募集中